卓球 チキータ

卓球のチキータは横回転のフリックの事です。

手首を思い切りまげて、ボールに回転をかけながら払うフリックで、
チキータは横回転がかかる事によりバナナのように曲がる事から、
バナナのブランド名であるチキータという名がつけられています。

チキータも実際卓球の試合で使用できるように打ち方を知っておきましょう。

チキータの打ち方は、バックで構えた際にラケットハンドの肘を前に出して、
打球点を肘よりも前でとらえて下さい。

打球点は頂点か頂点の前くらいで
ボールの側面を手首からスイングして肘を返しましょう。

できる限りスイングは鋭く行い、
素早く戻れるようにコンパクトにする事がコツです。

チキータはかなり上級者向けの難しい技術なので、
コツや打ち方を習うだけでは実戦で使いこなすのは至難の技でしょう。

効率のいい練習方法を地道に重ねて経験をつめば、
チキータを使いこなせるようになるかもしれません。

チキータを使いこなせるようになれば、
卓球の試合はますます盛り上がるでしょう。


スポンサード リンク

卓球の練習方法をもう一度見直す事で、
卓球練習方法や卓球テクニックに磨きがかかり、
卓球が上達していくでしょう。