卓球 カット

卓球のカットは使用頻度の多いレシーブで、
つっつきとも呼ばれる事があります。

カットをどんな時に活用すれば有効か、
卓球のカットの打ち方と練習方法を覚えておきましょう。

卓球のカットは下回転のかかったボールを相手が打ってきた時に有効です。

普通に打つとボールが跳ね返り自分のコートに入ったり、
ネットにかかったりという事がおこります。

カットの打ち方ですが、ラケットの角度を先端を少し下げるようにして、
ボールの下側をカットします。

カットに大事なのはラケットの角度で、
ラケットの角度を間違うとネットにかかったり、
高い球が上がってしまうと相手にスマッシュのチャンスを与えてしまうのです。

練習方法ですが、カットに大事な角度の感覚をつかむために、
何度も打ってみるのが大事だと思います。

あらゆるポイントに球を打ってもらい、
それをカットでレシーブできるように練習するのも上達に繋がります。

卓球ではカットの練習を積めば、
優秀なカットマンになれるかもしれません。


スポンサード リンク

卓球の練習方法をもう一度見直す事で、
卓球練習方法や卓球テクニックに磨きがかかり、
卓球が上達していくでしょう。