卓球 レシーブ

卓球のレシーブは初心者ではなかなか難しい技術だと思います。

卓球はボールがどのような場所に来ても、
素早く対応できる事が大事な要素になります。

また相手の打ってくる球の回転を見極めるというのも必要な技術です。

レシーブを習得すれば卓球そのものの上達に繋がるので、
レシーブの種類と打ち方を覚えておきましょう。

レシーブにはつっつきレシーブ、ストップレシーブ、
フリックレシーブというのがあります。

相手の打ってくる球の回転に対して逆回転をかけるレシーブや、
ネット際を狙うレシーブなど、
状況に合わせてレシーブを使いこなせるのが理想です。

レシーブの打ち方の基本は相手が打ってくる球の回転を把握して、
それぞれの打ち方で対応することでしょう。

例えば使用頻度の高いつっつきレシーブは
下回転のかかったボールに最適です。

普通に打ち返そうとすると自分のコートに入ってしまいがちな下回転を、
同じく下回転のつっつきで対処する事により、
ボールを自在にコントロールする事ができるでしょう。

卓球のレシーブはとても大事なので、
繰り返し練習を行って身につけましょう


スポンサード リンク

卓球の練習方法をもう一度見直す事で、
卓球練習方法や卓球テクニックに磨きがかかり、
卓球が上達していくでしょう。